Home » 不動産売却に関する消費税の納税について

不動産売却に関する消費税の納税について

日本国内で取引を行うと消費税がかかります。不動産は金額が大きいので、売主も飼い主も税額には敏感になります。家売却した場合、この税を納税しなければならないのでしょうか。ここでは不動産を土地と建物を分けて考えます。
まず土地を売却する場合、消費税を払う必要は有りません。土地は消費するものではなく、資本の移転とみなされるので、消費税の対象ではないからです。一方で建物を売却する場合には、売主が個人であるか事業者であるか、また不動産が自宅用か事業用かによって異なります。税務署によると「国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等」を行う時は消費税を納税しなければなりません。
つまり、個人の売主による、自宅用の建物の売却については、非課税になります。しかし自宅ではなく投資目的、事業目的のマンションやテナント物件について、個人が売却するならば、課税対象になります。また、事業者が事業として行う建物売却は、必ず課税対象になります。確認すると、個人による自宅用建物の売却するときは非課税、それ以外のときは納税しなければなりません。
また、不動産売却を行うときに不動産会社を通すことがあります。不動産会社に仲介手数料を支払うわけですが、その仲介手数料には消費税がかかります。これは個人であっても事業者であっても同じですし、自宅を売却する場合でも同じです。まとめると不動産売却を行う場合、土地は非課税です。建物については、個人が自宅用の不動産を仲介手数料なしで売却した場合は非課税ですが、それ以外は納税することになります。

Name of author

Name: Vaughn